低価格の歯のホワイトニングでも効果はあるの?

歯のライフサイクルを手助けする総合サポートサイト

しっかりとした知識を身に着けよう!

まず、歯に着色が起こる原因とはいったい何なのでしょうか? 白い歯は華やかで清潔な印象を与えるのに対し、着色した歯は清潔でない印象を与えかねません。それを気にして人前で笑うのにコンプレックスを抱えてしまったりと困りますね。その着色してしまう原因を確認していきましょう。

なぜ?色素沈着や黄ばみが起きるのか

歯を白く美しく見せてくれるホワイトニング。
近年では、様々な歯のホワイトニング方法が確立されてきていて歯医者やクリニック以外にもエステサロンやお家でできる低価格のものからと沢山あります。友人や知人がホワイトニングしたと聞いた時に、「自分もしてみようかな」と考えた時にたくさんの種類があって、どれをすればいいのか迷ってしまいますよね。

しかし、知識が不足していたがために失敗につながってしまうケースもあります。
低価格のホワイトニングをいざ試してみたところ「思っていたような効果が現れなかった」というケースは一番多いトラブルのうちの一つです。ほかにも歯に白い斑点が浮き出てしまったり歯の表面がぼこぼこになる。ひどい場合にはスキッ歯になったり、知覚過敏になったり痛みを感じたり。「以前より歯の黄ばみと着色がつきやすくなった!」などと歯にも自分にとっても最悪なケースに発展してしまうこともあります。

しかし、そうはいっても低価格でできるホワイトニングがあるのならやってみたいですよね。

このサイトではホワイトニングをする原因となった、色素沈着と黄ばみを引き起こす原因と低価格でできるホワイトニング方法。そして、効能と注意点を解説していきたいと思います。また、着色の原因にもよっても適切な方法は変わってきます。
自分にぴったりのホワイトニング方法を見つけて、白く美しい歯を一緒に手にいれましょう!おまけとして予防対策方法も載せてありますので是非普段への参考にしてください。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

ホワイトニングにはいくつかの方法がありますが大きく分けると歯医者で施術してもらうオフィスホワイトニングと自宅ででできるホームホワイトニングとそれ以外の方法で行う方法があります。 こちらでは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングについてご紹介します。その他のページは下記でご説明します。

低価格で!オフィス・ホームホワイトニング以外での方法 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング以外の方法での、低価格でできるホワイトニング方法をご紹介させていただきます。しかし、具体的に種類がありすぎてよくわからないと思うので、それも含めて具体的な方法や注意点なども添えてご説明します。参考にしてください。

TOPへ戻る